読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひこまるの可愛いナンパブログ

夜遊会 会長ひこまるの夜遊び日記

Rascal~小説・後編~

小説

 

 

「ひこまるさんってラスカルに似てる」

 

 

 

初めて彼女を抱いた夜

腕の中で僕の顔を見上げ無邪気に笑いながら彼女は言った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《 Rascal》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女とそんな関係になるまで時間はかからなかった

二人が会うのはいつも夜だった

 

数回目のデートで僕の方から誘った

 

 

 

 

夜の風は寒くなり空の空気は澄んでいる

季節は秋から冬に変わろうとしてる月の後半

 

 

いつものようにおしゃれとは言えない居酒屋に行き

食事をしてほろ酔いになったころ僕らはBAR向かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あと三ヵ月で引っ越しかぁ」

 

 

ストローの刺さった甘そうなカクテルを飲みながら彼女は言った

 

つづけて彼女は言う

 

「せっかくひこまるさんとこんなに仲良くなったのになんだか寂しいな」

 

「そうだね。けどまだ先のことだろあと三ヵ月もあるよ」

 

僕は少し強がった

 

 

 

この時彼女が遠くの街に行くなんて実感はなかった

 

それくらい僕らの距離は近づいている

 

 

 

 

時間はあっという間に経ち

目の前の四杯目の酒が無くなろうとしてる

 

 

 

もう帰る時間なのに僕は五杯目の酒にパスティスを注文した

 

 

 

 

「ひこまるさん今日はよく飲みますね」

 

「そうかな」

 

「そういえば私まだひこまるさんのクズな話し聞いてないです」

 

「そうだね話してなかったね」

 

 

 

 

さっき頼んだばかりのパスティスを流し込む

 

 

 

彼女のことをもっと知りたいと思った

 

 

 

「今日は朝まで一緒にいたいんだクズな話を朝まで聞いてくれる?」

 

 

彼女の目を見つめ真摯に言った

 

少し戸惑った笑顔で彼女が答えた

 

 

「・・・はい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BARを出て僕らは街の海沿いにあるラブホテルに向かった

 

 

 

 

 

 

薄暗いフロントで一番安い部屋を選び

古びたエレベーターに乗り部屋に向かう

 

 

 

 

 

部屋に入り二人でベットに倒れ込む

すぐにおたがいの服を脱がしあい

僕も彼女も求め合い

 

 

そして僕らは愛し合った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ひこまるさんってラスカルに似てる」

 

シーツがくしゃくしゃになったベットの上

疲れた身体で裸のまま抱き合い

腕の中で僕の顔を見上げ無邪気に笑いながら彼女は言った

 

 

 

「ラスカル?あの黄色いタヌキの?」

 

「違うよラスカルはアライグマ」

 

呆れた顔で笑っている

 

 

なぜこの時彼女はこんなことを言ったのかわからなかった

たぶん彼女から見て僕はラスカルに似ていたのだろう

 

 

「ねぇそろそろクズな話ししてよ」

 

「あぁいいよ」

 

 

 

僕は彼女が眠るまでクズな話をした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先に起きたのは僕の方だった

 

隣で彼女がすやすや寝息をたてながら寝ている

 

ベットから身を乗り出しソファーの上で煙草に火をつける

 

 

真っ暗闇の窓の無いラブホテルの一室

そこは外の乾燥した空気が入り込み

その寒さをしのぐ為の暖房も効きすぎていて部屋の空気はカラカラだ

 

今起きた時間が朝なのか昼なのか夜なのかわからない錯覚に陥る

まるで外の世界とは別の世界で

この閉鎖された空間が僕と彼女だけのものだと感じていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日僕らは〈好き〉とか〈愛してる〉という言葉を使わなかった

彼女が眠りについたあと僕は直感的に分かり合えないことを悟った

裸のまま抱き合っても彼女の心の中は全然見えなかった

彼女も多分同じことを思っていただろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも僕らは別れるまでの間 会える時間は毎回会った

おたがい目に見えない

手に届かないような

何かを求めるように求め合った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抱き合うたびに彼女は僕に

 

「ラスカルに似てる」

 

と言った

 

 

僕は彼女が眠るまでの間クズな話を何回もした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで二人は〈好き〉とか〈愛してる〉という言葉を使わなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女との時間はあっという間だった

慌ただしい年末と正月がすぎ

気づけば彼女が遠くの街に引っ越す月になっていた

 

 

遠くの街といってもその場所は

行こうと思えば半日もかからずに行ける距離

 

 

しかし僕は彼女が遠くの街に行けばもうこの先会うことはないと思っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女と最後に会った日は日本列島に数年ぶりの寒波がきて

日が暮れたころから街には白い雪が降り

凍えるような寒さの夜だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海沿いのラブホテルの一室

真っ暗闇のベットの中

僕らは裸のままいつも以上に強く抱き合った

 

 

時間とか過去とか未来とかどうでもいいと思った

 

手に入れることができないものを必死で求め

 

今ここにあるすべてのものが明日から無くなることが怖くて

 

震えて

 

そんな毎日を想像しただけで恐怖を感じた

 

 

その恐怖は隣にいる彼女に触れると一瞬で消え去り

 

最後に彼女の優しいぬくもりだけが残った

 

 

 

 

 

「もう明日から会えなくなるね」

 

さみしそうな顔で彼女が言う

 

「またすぐ会えるよ」

 

僕は嘘をついた

 

 

「うそつき」

 

彼女がほっぺを膨らます

 

 

「やっぱりひこまるさんはラスカルに似てる」

「この髪とかーお腹とか」

 

笑いながら彼女は言った

 

 僕は言う

 

 

「ねぇラスカルの意味って知ってる?」

 

 

「え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らは眠りにつくころ

 

いつものように彼女は僕の腕の中で子供みたいな無邪気な顔で言う

 

「ねぇクズな話してよ」

 

「あぁいいよ」

 

 

 

 

この日彼女より先に僕が眠りについた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝なのか昼なのか夜なのかわからない時間に起き

シャワーを浴び身支度をととのえる

 

フロントからのチェックアウトの電話が鳴って いる

 

部屋のドアを開け玄関に向かう

 

 

彼女の瞳を見つめる

 

 

 

「ありがとう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブホテルを出ると昨日まで降っていた雪は解け

地面は解けた雪で水たまりができていた

 

 

 

彼女を家の近くまで送り

 

 

 

 

僕らは別れた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数週間後

 

僕は街を歩いていた

 

 

 

 

 

街にはたくさんの人がいる

笑っている人

怒っている人

少し寂しそうな人

 

 

 

僕以外の人たちは全て止まって風景に見える

 

 

 

 

 

 

 

彼女がいなくなった今

彼女とすごした過去が

不透明で不安な明日が

この先の人生の茫漠とした時間が

僕の前に立ちはだかっていた

 

 

 

 

 

 

 

街の空気は冷たく

 

 

 

 

 

春はまだ先のようだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと最後の夜、ラブホテルの真っ暗闇の一室

僕の腕の中で彼女とした会話を思い出していた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねぇラスカルの意味って知ってる?」

 

 

「え?」

 

 

「知っていて似てるって言ってただろ?」

 

 

「どうだろう、てか調べたの?」

 

 

「あまりにも君が毎回言うもんだから」

 

 

「ひこまるさんはラスカルだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は立ち止まり

 

少し微笑んで

 

また街を歩きだした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rascal~小説・後編~   おわり